サポートから一言!

Windows7のサポート終了まであと数日となりました。
当店サポートカウンターにはパソコンを買い換える際のデータ移動作業やインターネット関連の設定などに関する問合せが非常に多くなってきております。


 

 

 

 

※現在インターネット接続しているWindows7搭載パソコンに頻繁に表示されます。

Windows10への移行についていろいろな問合せがある中、現在使用しているWindows7搭載パソコンをWindows10へアップグレードして使いたいというご相談も結構あります。
Windows7で動作しているパソコンをWindows10へアップグレードする際はいくつかの注意点があります。

まず、基本的にWindows10への無償アップグレード期間は終了しております。


 

 

 

 

※Windows10無償アップグレード期限切れ

 

インターネット上などでまだ無償アップグレード出来ると大々的に説明しているサイトがたくさんありますがマイクロソフト社側では無償アップグレード期間は終了しているので有償にて対応というのが基本スタンスとの事です。
インターネットを使ってWindows10アップグレード作業を行うと作業中にライセンス購入を求められる場合もありますのご注意下さい。

次にWindows10へアップグレードすることによりインストール済みのソフトウェアが使用不能なったり作業中にパソコンが応答しなくなる場合があります。
これはパソコンがWindows7搭載機ということで機械自体がかなり年数が経過しており、パソコンを構成している部品が経年劣化により故障しやすくなっているためです。
そのような状態のパソコンでOSを変更するという大掛かりな作業を行えばパソコンが故障に陥る可能性が非常に高くなります。

その他、下記に主な注意点を列挙しておきますので参考にして下さい。

1、現在のPCとの互換性

現在、問題なくPCが使えているからといって、Windows10も同じとは限りません。

各メーカーのHPでは、Windows10へのアップグレードに関する互換性情報が掲載されています。

必ず確認し、問題がないかどうかチェックした上でアップグレードを行いましょう。

モデルの記載がない古いパソコンの場合、アップグレード作業に問題が生じる可能性があります。

2、現在のデバイス環境

プリンタやキーボード、マウスといった周辺機器に関しても、Windows10での動作確認が必要です。パソコン同様、メーカーのHPに記載があるため、チェックしておきましょう。

特殊なデバイスを導入している場合は、より注意が必要です。

3、ディスク容量

マイクロソフト社では、Windows10へのアップグレードに必要な容量を「16 GB (32 ビット OS)」「  20 GB (64 ビット OS)」と示しています。

空き容量が不足していると、アップグレード作業を進めることができません。不要なファイルを削除して空き容量をつくる、または外部ドライブを接続するなどの方法が必要です。

4、周辺機器の取り外し

移行する際には万が一の誤作動に備え、すべての周辺機器を取り外しておきましょう。

Windows10へのアップグレード作業や現在お使いのソフトウェアのWindows10対応などについてご依頼、質問等がありましたら当店サポートカウンターまでご相談下さい。

パソコン専門店 コム
秋田市広面字鍋沼37番地
TEL.018(837)9801 FAX.018(837)9803
■■ 営業時間10:30~19:00 ■■
■■ 定休日   毎週水曜日     ■■