店長の独り言!

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップ盛り上がっていますね。いろんな所でパブリックビューイングを実施したりしてさらに盛り上がっています。日本代表の活躍があればこそですよね。相手チームを研究し代表チームの強みを全員で理解した上で戦略を立て揺るぎない自信を持つまで練習し試合に臨む。想像以上に、という言葉が出てきてないということは分析も間違っていないということでしょうし、自信を持ってプレーしているということは、事前準備もきちっと出来ていたということでしょうね。最近の活躍を見ていると、2011年の「なでしこジャパン」が女子サッカーワールドカップで優勝した時のようだと感じるのは私だけでしょうか。これからが故障者が出たり準備の時間も限られてきますから正念場でしょうがさらに上を目指して欲しいと思います。

先日あるメルマガに「柔道の谷亮子選手が2000年のシドニー五輪が始まる直前のことである。彼女は自転車競技で連続の金メダルを取ったある外国人選手とテレビ番組で共演していた。その時、あなたが五輪に出る目的は何かと尋ねられた谷(当時は田村)選手は「もちろん金メダルです」と答えた。五輪選手はその答えを受けて「それじゃダメですね」と述べ、こう後を続けたのである。「私は金メダルを取ることを“目的”にしたことは一度もなく、金メダルを取ることは、祖国の子供たちに夢と希望を与えるための“手段”にしかすぎない。もっと多くの子供たちに夢と希望を持ってもらうために、私には絶対に金メダルが必要なの。あなたのように金メダル獲得を目的にすれば、取ったとしてもそこで終わってしまうでしょう」この後、谷選手はシドニー五輪で自身初となる金メダルを獲得し、4年後のアテネ五輪でも、見事、2大会連続となる金メダルを獲得した」

また「夢と目標をセットしなければ、人の能力は絶対に向上していかない。そしてもし夢を持ったなら、その夢を“目的”と“目標”に分け、達成までの期限を決めなさい」「ほとんどの人は明確な目標を持っている時、懸命にそれに取り組む」「その人がいる現在地は、本人の成長段階に合わせて刻々と変化していく。いまの自分の実力を知り、その実力に合った目標を設定できるということ」とありました。

今のラグビー日本代表は夢や目的・目標を明確にし期限を設定しワンチームとして結束し一歩一歩着実に何かを背負いながら進んでいる感じを受けます。今回のベスト8も手段に過ぎないのかもしれませんが、十分に役目は果たしてくれているようにも思います。ラグビー人気、これからも継続していって欲しいと思います。

パソコン専門店 コム
秋田市広面字鍋沼37番地
TEL.018(837)9801 FAX.018(837)9803
■■営業時間 10:30~19:00■■
■■定休日   毎週水曜日     ■■