サポートから一言!

最近当店へのご相談で、ノートパソコンのバッテリに関するものが増えてきております。良く聞く症状では、充電残量がまだ半分くらいあったのに電源が落ちたとか、ACアダプタをつなげているのに電源が入らない、といったものがありました。ノートパソコンやスマートフォン、カメラなどいろいろな機械に搭載されているバッテリですが、長年使っているとどうしても劣化してしまい、様々なトラブルの原因となってしまいます。弱ったバッテリは充電完了が遅くなったり、充電の減りが早くなったり、バッテリ部分がすぐ熱くなったり、膨張してきたり…、と様々な症状が出てきます。バッテリは使う以上劣化を避けることは出来ませんが、何点か気をつけることで劣化を遅らせられる場合があります。

まずは「こまめな充電はせず、充電の際は満充電にしないこと」です。一般的なリチウムイオンバッテリの劣化には充電回数や使用時間が関わっていて、また使用環境として満タンの状態と空っぽの状態が特に好ましくありません。少し減ったからとこまめに充電すること、充電しながら使うこと、充電が完了しているのに充電し続けることはバッテリの劣化につながります。充電する際は残量が10~20%程度になったら80~90%程度まで充電し、充電中は使用しないことで、劣化を遅らせることが出来ます。他に「空っぽの状態にしないこと」です。バッテリは使っていなくても勝手に放電されてしまいます。もし長期間使用しないのであれば、50%程度まで充電してから冷暗所に保管しましょう。

これらの点に気をつけていても、バッテリは必ず劣化してしまうものです。ノートパソコンなどの機械を長く使う上でいつかはバッテリを交換する必要が出てきます。当店ではノートパソコンの交換用バッテリのご注文を承っております。中にはメーカー修理でしか交換できないものもあるので、一度当店サポートカウンターまでご相談ください。

パソコン専門店 コム
秋田市広面字鍋沼37番地
TEL.018(837)9801 FAX.018(837)9803
■■営業時間 10:30~19:00■■
■■定休日   毎週水曜日     ■■